2013年9月14日土曜日

性能表示

住宅性能表示の見直しパブリックコメント




                国土交通省HPより 住宅性能表示制度の見直し案


住宅性能表示制度 と 呼ばれる 指標があります。
その制度の改編についてのパブリックコメントが 消費者庁と国交省の連名で募集されています。


大きくクローズアップしたいのは、おそらく先の震災の影響を受け 「地盤の液状化」について

なんらかの形で盛り込まれるのではないかということ。

そして 上図 からみるように

コレまで 必須項目だった ● が 選択項目 ◯ になったものがあります。

性能表示は、フラット35の等級、長期優良住宅、認定低炭素住宅 等など

たくさんの 規定と大きく連動していますから

当然、10月に改正される 「省エネ法」の改正の影響も受けます。

このように、他の制度からも 色々な規定があり 周知が図られたこともあり

必須項目を 減ずるという趣旨のようです。





                                                                 因みに、耐震等級は 主に 筋交い(上図・weblioより)がどれぐらい入っているのかを決める目安にもなっています

一方で、この 筋交い を用いず 貫で竹木舞を編み、土壁を塗り

柔らかく地震に 応答する 伝統的構法 が この15年ほど 非常に低い評価を

受けてきたのですが、ここにきて 実物大実験の結果や、コンピューターを駆使した

計算で 結果、再評価されて久しくなります。


この数年、また 木造は目が離せません。

こうして、制度が変わる度 住宅の性能が変わる? というのはおかしな話です。

要するに、どう安全で、どう長持ちし、どう快適か ということは

お施主様が、判断できやすいことが一番大切なことなんじゃないかなあ。

その資料と 判断の目安に口添えするのも 設計者の大きな役割のように思います。