2013年4月21日日曜日

モダンリビング

折角、東京まで行ったのですから、

目星をつけておいた「カリフォルニアデザイン1930-1965 ”モダンリヴィングの起源”」展 

を見てきました。




それまで、一品物 だった生産から、大量生産への 移り変わり。

当時アメリカの 中産階級 に供給する 住宅、家具、食器・・・諸々、そして メディア。

それまでも、あった アーツ・アンド・クラフト の 大きく違うのは

カリフォルニア という 地域性が 厳格なヨーロッパ式のものづくり と違って

非常に、開放的、自由奔放ともとれる、デザインを 産みだしたことでしょうか。

なんて、したり顔で 書いてる私・・・でもほんとは まだ のみ込めてないのですが・・・汗


一つは、今 この日本の インテリアショップで 椅子一脚がサラリーマンの初任給のような値を付けられている、

これは、本当に当時 大衆のためのデザイン と受け止められたのか?

を、見てみたかった のですけど・・・

私たち 設計に携わるものは どこ、だれ、 に目を向けるのか?