2013年4月16日火曜日

自立循環型住宅-第2回関東ゼミ

さて、久しぶりの更新となってしまいました。

4/16:自立循環型住宅研究会 の第2回関東ゼミに参加して来ました。

講師は、岐阜県立森林文化アカデミー から 辻 充孝 氏 を迎えての

UA値、η(イータ)値 温熱環境の基礎

についてのレクチャー。

今回は、自立循環型住宅 に関心を持たれた、施工者の方も ご一緒で。

こうして、ひとりでも 関心を持たれる 方が増えると 嬉しいですね。




4時間たっぷり 50枚を超える P.P(パワポ) で 頭のなかも フル回転。


何度も、ご紹介していますが、 今年10/1 から 省エネ基準の算定方法が 変わります。

辻 氏は、ご自身 一級建築士 ですから、 ツボ も心得た 講習となりました。

帰宅後、宿題を提出し、。計算プログラムを いただきました。



今回の 10/1からの 仮称25年改正省エネ基準、からは 仕様規定 はなくなり

UA値、ηA値 の計算が 必須になります。

又さらに 2020年 に向けて 段階的に 「義務化」が始まります。

住まいの プランニング、窓 といった要素 も この「省エネ法」によって 規制されてきます。


お好きなように  ってなデザインは 終わりを告げる時代が来ます。


間違った、温熱知識、そもそも無関心 といった のは 論外 でしょう。


講習後の 懇親会でも 色々な お話をしました。