2014年1月31日金曜日

光熱費1/2 住宅 -断熱外皮計画-

光熱費1/2住宅 (自立循環型住宅)06




                     リーフレットは、皆様にお配りするために
         一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より 領布を受けたものです。


久しぶりなので忘れ去られているかもしれませんが、

自立循環型住宅、略して 「光熱費1/2住宅」

日射熱の利用 の次は 省エネ住宅のスタンダード

「断熱」です。

IBEC の リーフレットには このように書かれています。

” 断熱化をはかり、自然室温を維持して

 適時適温を実現します。 ”

資源エネルギー庁 エネルギー白書2006 によると

一般家庭の電力消費中 25.2%がエアコン

次いで、

冷蔵庫が 16.1% となっています。

ですから、この 二点セットを 省エネ型にすると ものすごく

電力消費が削減できます。

ですが、ここでお話するのは 

そもそも なぜ エアコンが必要か?

「自然」は 私たちに儘ならないものですから、

外部とある程度遮断して 快適な内部空間を形成する
 
その代表が エアコン です。

ですが、折角 エアコンのスイッチを入れても 

窓が開けっ放しじゃ ちっとも 効果がありません。

断熱材というのは、内部と外部の温度差があるときに、

内部から外部へ、逆に 外部から内部へ

熱 が 移動するのを 遅らせる役割を持っています。

余談ですが、熱は原則 高温側から低温側へと伝わり、

最終的には 内部と外部の温度は 平衡状態

つまり、同じになるんです。

ですから、気温がちょうど良い塩梅だったら、

暖冷房は必要なくて 窓を開ければ十分です。

昨日、書いたように ほとんどの 建築は 

内部空間を利用するためにつくられています。

そして、住宅の大半は、

安らぐ場所、安心できる場所、であることを望まれていると

思います。

ところが、去年の夏の暑さ、

そして冬になったらなったで 夏が恋しい と・・

儘ならないのが 「自然」。

そこのところを よく押さえて話を進めないと、

断熱材 って暑いんでしょ なんて カンチガイ が起きます。

因みに、ものすごく多いのが

「土壁があるから断熱材が要らない」 ってな意見ですが

土壁 には ほぼ 断熱性はないのです。

土壁にあるのは、蓄熱性。 

熱を蓄えるポテンシャルが高いのです。

では 断熱をどのようにすれば 省エネ・光熱費1/2になるの?

という お話を、明日も引き続き 書いていきます。

(多分・・・)



(※1)「自立循環型住宅」 は、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の
     商標です。