2013年10月22日火曜日

蓄熱計算



自立循環型住宅シリーズですが、
日射利用(蓄熱)でずっとストップしたままです。
それほどまでに、「蓄熱」の奥が深い ということなのですが、
今、提案住宅で この「蓄熱」を活かして 冬の 室温を 比較的快適にできないか 模索しています。



凡そ 8帖大の 部屋の 室温を検討しています。

一番下の、黒いラインは 外気温。

青が、コンクリート造

水色が、土壁 両面塗り

赤が、土壁 片面塗り。

12/25日頃で、20℃~25℃ をキープしています。

でも、11月ぐらいになると 30℃超えちゃう日もありますね。

ちょっと窓が大きすぎるのかもしれませんし

蓄熱部位が 少なすぎるのかもしれません。


でも、凄いと思いません。

だって、太陽の恵みだけで、暖房がほぼいらない 12月を 過ごせるんですよ。

もちろん、曇や雨の日もありますから「補助暖房は必用です」



パッシブデザイン という言葉

何度か紹介してきましたけれども

自然の原始的な エネルギー(ローエネルギー)と

電気のような 加工された エネルギー(ハイエネルギー)

まずは、ローエネルギー で出来るだけの 対策をして 、それから ハイエネルギーで補う。


えっ? これって省エネ。

もちろん、冷暖房費の節約になりますが もっと大切なことがあります。

それは、また 今度。