2013年8月17日土曜日

日照、日射 シミュレーション


日照、日射 シミュレーション

模型よりは PC操作のほうが どちらかといえば・・・  ^^;

でも、まだまだ 恥ずかしいですね、これじゃあ。



これで、何を検討しているかというと、建物に当たる 日射、

そして 建物に 取り込める日射(すなわち日射取得)


まだまだ、つめなければいけない要素はあります、

このままじゃあ、「EnergyPlus(シミュレーションプログラム)」へと 移れません。

だけど、温熱環境だけで 人は生きる生き物ではありません。

(これが大事なんです)

耐震性、耐久性、(このふたつが ”よく言われる建物の強さ”ですね )

用途、機能(使い勝手)、

周辺環境

安全性、バリアフリー

美観、かっこよさ・・・ このかっこよさ ってのが曲者です

「環境に配慮してます」と「他の生態系の事を守るような振りをして、」

実は 「何よりも守らねばならない 快適性 」 を無視してたり・・・



という事で、Sketchup+maxwell どうでしょう?

これなら 模型にも負けません?