2012年8月11日土曜日

体感温度

建築士会 の 勉強会
木造建築研究会 のミーティング の 様子

















テーブルの上にあるのは

「放射温度計」

自立研 や 野池政宏さんの 「省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル」でも
温熱環境 必須アイテム の一つとして 紹介されていましたので
この春に 購入したものです。

先日の、中村勉先生の 講演会の中でも
先生ご自身が、カバンの中から取り出して 紹介してくださいました。

写真の 横にも もう 一個(佐藤恵子さん所有のものが) あります。


私たちの感じる 「体感温度」 というのは

実は、難しい式で求めることが出来るのですが 室温とは大きな差が生じることがあります。

それについて 大ざっぱに は 


体感温度=(表面温度+室温)/2


つまりは、私たちの周囲の 壁、窓、床、天井 等の 「表面温度(平均放射温度)」と
「室温」 の 平均温度 として考えると 適当だ

と 自立循環型住宅への設計ガイドライン に 書かれています。


この夏前から、いたるところで 測定していますが 私の部屋でしたら

放射熱 が 29度 ぐらいまでだと 室温31度でも まあそこそこ快適だったりします。


この 体感温度 は 人によって違いがありますから

今自分が 快適 とか 寒い とか 感じている場面で

放射熱 と 室温 が どの程度の数値 なのかを 測定して 設計に活かすよう 
訓練が必要なのです。

ちなみに ミーティング場所 「森の元気」 の壁面(杉板) は 28度 でした。

しかし、一カ所・・・天井の蛍光灯表面は 39度 です。

照明器具 が発する 熱も 体感温度に大きく関係しています。

他にも、湿度、風速 なんかも 影響します。

それについては、また明日。